次のニュースレターを楽しみにしているよ!

次のニュースレターを楽しみにしているよ!

今回、話しの中で出てくる岸本さんは、大阪の講演会に来てくださった方で当社が発行するニュースレターを読まれている皆様はご存知の方です。あの娘さんの泣いていた姿は、とても私の心の中に残っていました。岸本さんのお母様の『体験談が届きました。』という報告、本当に嬉しく、よかったと思いました。お話をしているお客様から『次のニュースレターを楽しみにしているよ!』という声を聞くと私も嬉しくなります。スタッフが、東京講演会で始めてお会いした愛飲者の方に「『またお会いできるように頑張る!』といってくれたよ」という報告。本当に嬉しい出来事が、毎日のようにたくさんあります。

しかし、愛飲者全てではないのです。

私は、今月すごく悲しい事がありました。

思い返してみると、私が取った電話から始まりました。「タヒボNFD」についてのお問合せでした。

電話でお話をしている方は妹さんで、とてもお兄様思いの方でした。「タヒボNFD」の話をして、お兄様が飲むこととなりました。その時、手のほどこしようがなかったようです。「本当に奇跡!!」といって喜んで下さった出来事がありました。それからは、お兄様も「タヒボNFD」がなくなると「早く!」と、とても気に入って下さっておりました。アガリクスも飲んでいたようですが、徐々に減らしていき、「タヒボNFD」を増やして飲んでいくと言ってくれました。

いつも妹さんから電話があるのですが、なぜかとても気になったので電話をすると、急変して亡くなったとのことでした。私は、何を言っていいかわからず呆然としました。妹さんは、『「タヒボNFD」をもう少し早く知っておけばよかった。あれから今まで頑張れてこれたのは坂井さんのおかげです』といって逆に励ましてくださいました。私はその言葉を聞き涙が止まりませんでした。私は、こんな状況でとても前向きな妹さんに何も言葉が出てきませんでした。妹さんが私に言って下さった言葉、このやりとりをスタッフが聞いており、『頑張りましょう。』といってくれた一言。

本当に心に残る言葉というのは、その言葉の中に思いやりがこもっていると感じるからですよね。これは内面からあふれ出てくるものですから、内面に本当のやさしさが無ければ相手の心に残る言葉は出てこないですよね。私ももっと思いやりのあるいい男になりたいと思いました。(そしたらもてますよね。)

私は田中さんとの出来事に運命を感じています。この悔しさをばねにもっと「タヒボNFD」を広め、毎日嬉しい出来事で一杯のきせんコミュニケーションズであるために、今まで以上に努力していくと心に誓いました。

 

                                                   坂井 正典