タヒボ茶東京講演会 2004年4月10日

■ 2004年4月10日 東京講演会

 

 

4月10日東京きせんワールド事務所内で、第2回「タヒボ会」が開催されました。第1回よりも10名多い40名の方がご参加され、とても活気あふれる「タヒボ会」でした。きせんコミュニケーションズの坂井正典が挨拶をしました。

全ての「タヒボ会」に大阪より駆けつけられてのご感想、思いを皆様にお話をされ、「各地でたくさんの方とお会いできてうれしさでいっぱいでした、皆様に勇気を差し上げる事ができた!またその光景をみて凄い!素晴らしい!と思いました。そして皆さんと触れ合うことの大切さを感じ、これがきせんコミュニケーションズの使命だと思いました。」と熱くお話をされました。

 

 

次にきせんワールド坂井康起社長のお話と続きました。坂井社長ご自身の体験談(お母様のお話)、社長のタヒボに対する情熱、皆様を助けたい、喜んでいただきたいという熱い思い、全てのお話が心に深く感じました。坂井社長のお話は、心からタヒボ茶を信じ、それを皆様の為にという強い使命感と情熱あふれたお話となるのだと思います。皆様同じく感じられたのではないかと思います。

「タヒボ会」終了後のアンケートには、同じ思いがたくさん書かれておりました。

その後いくつかのご質問があり、鳥山様より、起泉還元水のお話に入りました。現代の水ではこの働きが無い。このお話を実験を見ながらのお話はとてもわかりやすく、びっくりの連続でした。

現代は、野菜のビタミン(抗酸化物質)が減少していると言われております。その野菜からどうやってビタミンを摂取すればよいか。それは食べ物全てを起泉還元水で洗うことで、ビタミン類を破壊することなく私たちが口に出来るのです。

 

 

次に「ナフトフランディオン」という「タヒボNFD」の成分「NFD」が入った化粧品のご紹介がありました。「ナフトフランディオン」化粧品のご紹介をして下さったのは、きせんワールド坂井マネージャーです。坂井社長の奥様です。「心を豊かにしてくれる化粧品です。」とご紹介下さいました。

ご本人は、化粧品が出来た時からお使いになっておられ、使いはじめてしばらくすると周りの方から『何を使っているの?』と言われたそうです。坂井マネージャーは以前心が病んだ時期があったそうです。そんな時に支えてくれた周りの人達、心を豊かにしてくれる物との出会いが今でも忘れられないと言われました。

「タヒボNFD」もそうですがこの「ナフトフランディオン」化粧品も皆さんの心を豊かにしてくれるものなのですね。

そして、代替保養施設プロジェクトのお話がありました。「このプロジェクトは皆様を第一に、きせんグループ、ふぅーと三位一体となり必ず施設を完済させます。必ず皆様のお役に立てるものを作り上げます。出来上がりを楽しみにしていただきたい」と力強くお話下さいました。