タヒボ茶大阪講演会  2007年8月4日

■ 2007年8月4日 タヒボ茶講演会 大阪第1部では、タヒボジャパン社畠中社長の講演ならびに、タヒボNFDに関する皆様からの疑問や、ご質問に対して詳しくご説明させていただきました。
立食を交えた第2部では、医療現場から生の声も伺うことができました。 
今回は、タヒボジャパン社畠中社長の講演から幕を開けました。

畠中社長は熱弁のあまり、その勢いが止まらず!という感じで、御年88歳、まだまだ衰えることを知らない、昭和の豪傑ぶりに、終始、会場を圧倒されておられました。

畠中社長の講演が無事終了し、きせんワールド坂井より、20年を越える経験や実績に基づいた「タヒボNFD」のお話をさせていただきました。

「タヒボ茶って何?」「タヒボ茶って何が良いの?」
「タヒボ茶を飲んだらどうなるの?」

皆様から大変よくいただくご質問に対してとても詳しく、そしてデータを交えながら正確に、タヒボ茶の説明は続きました。

最後に、現在もタヒボ茶で息子さんと共に歩んでおられるお父様が、東京からお越しいただき、タヒボ茶に出会ってから、現在までの息子さんのご様子などをスライドを使って、とても詳しく説明していただきました。

すでにタヒボ茶を飲んでおられる方には、この講演会後に、タヒボ茶への信頼がより確実なものへと繋がったかと存じます。

第2部では、立食を交えながら、畠中社長並びにきせんグループスタッフとの交流を深めていただきました。

今回、実際にお会いし、お話しができたことで、より皆様方との信頼関係を深められたことをスタッフ一同、実感しております。


タヒボ茶講演会 大阪◆場所:太閤園にて◆日時:8月4日(土)13:30~16:30

●きせんスタッフの感想 - その1 ~ 直接お会いしてお話しする大切さ

タヒボ茶を飲まれ始めたばかりの方々が、もっとも知りたい事は「タヒボ茶は自分の身体に良いものか」という事だと思います。

世の中には様々な健康食品をたくさんの業者が販売していて、どの健康食品も扱うメーカー側は良いものだとして販売しています。

西洋医学も先生によって方針は千差万別有るわけで、そうなると選択肢は無数にあることになります。
そして、タヒボ茶以外のものをご親戚やご友人に勧められ、どれが本当に良いものなのか解らなくなっている方もいらっしゃると思います。

今回の講演会はタヒボ茶を飲んでいただいている方にたくさん来ていただきましたが、お電話や資料でお届けできる事を越えるタヒボ茶の情報を知っていただけたと思います。

そしてもっと多くの方たちに、実際のデータや症例など知っていただきたいと思いますので、ぜひ講演会に足をお運び下さい。また、講演会に出席するのはちょっと、無理だとおっしゃる方にはどんどん相談、問い合わせのお電話をして頂きたいと思います。

他の健康食品との違い、タヒボ茶の他に類を見ない優れた働き、科学的データがどういったものなのか、実際に健康を勝ち取られた人たちのことなど、お伝えしていきたいと思っています。

疑問や、不安をひとつずつ解決していただき、健康を勝ち取っていただきたいと願います。

●きせんスタッフの感想 - その2 ~ 今回が初めての講演会参加でした

講演会1部では、開始予定時刻より遅れて来場される方のために、受付に残っていた為、きせんワールド坂井社長の話の後半部分しか聴く事ができず、とても残念でした。
しかし、短い時間でしたが、坂井社長のお話に、ご来場のお客様が惹きつけられて、何回も頷きながら聴いていらしたのを見て、会場内を凄いワールドにする人なんだと実感しました。
私は初めての参加でしたので、とにかく、その説得力には驚くばかりでした。

講演会2部では、「ここだけの話」が始まりました。

実際に医療を知り尽くす現場の先生から生の声を聞く事ができ、皆さん用意されていたご馳走への手も止まり真剣に聞かれていました。

タヒボ茶を勧める人は勿論、現在、頑張って飲んでいらっしゃる方々にとっては、本当に聞きたいところだったと思います。

確信を与えて頂け、話が終る頃には安心の笑いや微笑みも会場から湧き出てきました。

穏やかにお話をされる、これほどまでに人を思う方が、もっとたくさんいらしたらいいのに…。という思いがしました。

最後に、会場を出られる方々へ、直接お土産をお渡しする時には、皆さん講演会が初まる前に拝見した表情より、かなり和らいだご様子でした。

タヒボ茶への不安や疑問を持ちながら…でも、どう聞いていいかも解らず…という方には是非参加いただければと思います。

◆「タヒボNFD」発売元のタヒボジャパン社ホームページのイベントトピックスにて、きせんグループ主催の「タヒボ茶講演会大阪」が下記のように紹介されました
  代理店主催のイベントで畠中平八社長が講演しました。
2007-08-09
8月4日、大阪市都島区の太閤園において、代理店が主催した「畠中平八社長 特別講演会」が行われました。当日は夏本番モードの暑さにもかかわらず70名ほどのお客様がご来場くださいました。


今回のイベントは、第一部が講演会、第二部が懇親会の二部構成。畠中社長は、第一部のメイン演者として招かれました。畠中社長の講演は、ふだんはタヒボ茶だけでなく株や経済のお話が多いのですが、6日の原爆記念日と15日の終戦記念日が近かったこともあって、今回は戦争の話題が中心でした。畠中社長は、その講演の中で自身の戦争体験をもとに、戦争の悲惨さや平和の尊さを強く語られました。戦争を知らない世代の人々に、二度と戦争をしてはいけないということを伝えたい畠中社長の思いのこもった講演でした。その後つづいて、きせんワールド社の坂井社長が講演されました。

坂井社長は「タヒボNFD」の飲み方や、飲む際のカウンセリングの重要性について具体的事例を挙げてお話されました。

そして最後に、ご子息様が「タヒボNFD」を愛飲しておられるという東京の金子様が、飲用経過や飲用体験をお話してくださいました。


その後の第二部は別室に移って懇親会。お客様たちはお酒や美味しい料理に舌鼓を打ちながら楽しいひとときを過ごされました。懇親会冒頭では畠中社長出演のテレビCMを会場の皆で視聴。そして突然のサプライズでしたが、ドクターの佐野先生が壇上に上がり、医療現場の現状などについてお話してくださいました。会も終りに近づくと、畠中社長の周りには記念写真や握手を求めるたくさんのお客様。畠中社長はその一人一人と言葉を交わしながら最後の一人まで丁寧に応対されていました。

畠中社長の気さくなお人柄がよくわかるシーンでした。

今回ご来場いただいたお客様、そして会を主催し、いろいろご協力くださった「きせんワールド」社のスタッフの皆様、どうもありがとうございました。


今回の会場となった太閤園
今回の会場となった太閤園
お客様が三々五々到着。
お客様が三々五々到着
講演会場に用意したタヒボ茶は好評でした
講演会場に用意したタヒボ茶は好評でした
平和の尊さを再認識した畠中社長の講演でした
平和の尊さを再認識した畠中社長の講演でした
タヒボ茶への熱い思いを語る坂井社長
タヒボ茶への熱い思いを語る坂井社長
ご子息の飲用体験をお話くださった金子さん
ご子息の飲用体験をお話くださった金子さん
講演に聞き入るお客様たち
講演に聞き入るお客様たち
懇親会での畠中社長のあいさつは第一部とは違ってユーモアたっぷり
懇親会での畠中社長のあいさつは第一部とは違ってユーモアたっぷり
乾杯の音頭は「きせんワールド」社の坂井社長
乾杯の音頭は「きせんワールド」社の坂井社長
佐野先生の登場はサプライズでした。ふだん聞けないお話をしてくださってありがとうございました
佐野先生の登場はサプライズでした。ふだん聞けないお話をしてくださってありがとうございました
懇親会では、皆リラックスして美味しい料理に舌つづみ
懇親会では、皆リラックスして美味しい料理に舌つづみ
誰とでも気さくに話す畠中社長
誰とでも気さくに話す畠中社長