「タヒボNFD」は天然の植物色素です

「タヒボNFD」はこうして製品化されています。

天然の植物色素とは?
自然界の微生物や動植物は、いろいろな色素成分を持っています。クロロフィルやカロチノイドのように、色素が植物体だけでなく地上のほとんど全ての生物にとって重要で不可欠な役割を果たしているものもあれば、アントシアニンやフラボノールなどのように色素の果たす直接的な役割がまだよく判っていないものもあります。植物の世界には様々な色彩があり、遠い祖先が植物の色である色素をその生活の中に移しいれたのも自然の成りゆきということができ、植物染料や観葉植物の歴史が発生しています。植物染料の歴史は、紀元前2000年頃で、インドで発見された あい(インジゴ)がエジプト、ギリシャ、ローマに伝播したことから中近東が発祥であったと想像できます。

わが国では、茜、藍染めなどがおこなわれていましたが、飛鳥時代に仏教伝来とともに中国の染色法が伝えられ、染色、彩りの技術も飛躍的な発展を遂げました。

安土桃山時代から元禄時代にかけて植物染料による染織文化が完成され、江戸時代を経て明治後半に至るまで連綿と繁栄をつづけ比類のない伝統美を作り上げてきました。

しかし明治の終わり頃より合成染料が導入された為、植物染料の歴史は幕をとじることとなりました。

西欧では1800年代中頃から自然科学の興隆によって、植物染料の本体である色素成分の分析解明が研究の主要な目標となり、色素成分の分離・精製法が発達し、天然色素の性状、構造、合成に研究の重点がおかれるようになりました。

植物色素の中でも特に安定しているフラボンおよびフラボノール類の研究から始まり、1900年の初頭より生理学的に重要な意義を持つ物質が注目され、アントシアニン、クロロフィル、カロチノイドなどの構造が解明され、現代の生化学的研究の基盤が確立されました。

今日の植物色素の多くの研究の源流は、古代の植物染料に端を発しているといえるでしょう。

一方観葉植物をとってみると植物の採集、栽培から育種や品種改良に関心が高まり、今世紀初めメンデルの遺伝学台頭から遺伝育種の研究によって色々な色の花が作り出され、その背景となる植物色素の生科学的遺伝についても近年大きく取り上げられてきています。

このほか、クロロフィルやカロチノイドの科学構造の解明に伴って、今日、光合成の仕組みを含めた光生物学という新分野も登場し、着実に成果を上げつつあります。

しかし、植物色素が植物学ないし生物学の分野で新しく注目されてきたのは、ようやく1930年代後半からのことといえます。

植物体の代表的な色素について
  1. 葉の緑の クロロフィル類
  2. 葉、花、果実に分布する黄から橙色 カロチノイド類
  3. 花、葉、その他の植物体の各部に含まれる白、黄、赤、紫、青色の フラボノイド類
  4. 根や樹皮に含まれる赤、黄、紫色などの 各種キノン類
  5. 紅藻やらん藻にみられる ビリン類、各種フラビン類、ジヒドロビラン類
代表的な3つの植物色素
  1. フラボノイド植物の花と果実によく出現する色素。(フラボン類、アントシアニン類)
  2. クロロフィル「葉緑素」として知られ、高等植物から藻類にわたる緑色部分に含まれる
  3. カロチノイド動植物界を通じて広範に分布する黄色、橙色、紅色の色素。(カロチン類、キサントフィル類)

タヒボ茶を買う前に知って頂きたい事
「タヒボNFD」商品紹介はこちら

輸入・製造元 タヒボジャパン株式会社「TAHEEBO NFD」、「タヒボNFD」、「TAHEEBO NAFDIN」、「タヒボナフディン」は、タヒボジャパン株式会社の登録商標です。(商標登録番号 第4662900号、第4732703号)

「タヒボNFD」ティーバッグタイプ、粉末タイプ、エッセンスタイプ、「タヒボナフディン」に関して、お客様から多く寄せられる質問トップ5

Q1: たくさんの会社からタヒボ茶の資料を請求したのですがどこも同じですか?

Q2: お茶を作る時、飲む時などに、してはいけないことはありますか?

Q3: 「タヒボNFD」エッセンスの濃度について教えて下さい。
また、ナフディン2gとティーバッグ5gでは量が違うのに同等の成分なのはどうしてですか?

Q4: 他の薬や健康食品との併用はできますか?

Q5: タヒボ茶を10袋ほど入れると、苦いような気がするのですが、においに敏感になっている時に我慢して飲んだほうが良いですか?

■ その他の質問はこちら

ご要望をお寄せ下さい

当店でお買い上げいただきますと、アフターフォローはもちろんのこと、ショッピングポイントや、その他いろいろな特典を受けることができて、さらにお得です!
詳しくはお電話にてお問い合せ下さい。 健康サポート専門店お客様電話0120141417

タヒボ茶のみで健康を勝ち取れますか? タヒボ茶を勧めるようになった理由
輸入・製造元 タヒボジャパン株式会社「TAHEEBO NFD」、「タヒボNFD」、「TAHEEBO NAFDIN」、「タヒボナフディン」は、タヒボジャパン株式会社の登録商標です。(商標登録番号 第4662900号、第4732703号)
「タヒボNFD」ティーバッグタイプ、粉末タイプ、エッセンスタイプ、「タヒボナフディン」に関して、お客様から多く寄せられる質問トップ5
Q1: たくさんの会社からタヒボ茶の資料を請求したのですがどこも同じですか?
Q2: お茶を作る時、飲む時などに、してはいけないことはありますか?
Q4: 他の薬や健康食品との併用はできますか?
Q5: タヒボ茶を10袋ほど入れると、苦いような気がするのですが、においに敏感になっている時に我慢して飲んだほうが良いですか?
ご要望をお寄せ下さい

当店でお買い上げいただきますと、アフターフォローはもちろんのこと、ショッピングポイントや、その他いろいろな特典を受けることができて、さらにお得です!
詳しくはお電話にてお問い合せ下さい。 健康サポート専門店お客様電話0120141417